転職・求職

試用期間中だけど今の仕事を辞めたい/メリットとデメリット

就職活動の甲斐あって採用内定をもらい、やっとの思いで会社に就職できたのに、思っていたのと何かが違うということもあります。

その「何か」が、しばらく勤務していて違和感がなくなるようであれば良いのですが、数カ月間が過ぎても、どうも自分にはしっくり来ないということがあるかもしれません。

俗にいう「社風が合わない」という事態です。

また、入社時に提示された労働条件と実際の労働条件との違いがあり、こんなはずではなかったと、一人で悩んで悶々とした日々を過ごすことがあるかもしれません。

納得できない労働条件で仕事を続けていると、ストレスがたまる一方で、結局長続きしないということになってしまいます。

早急に対処することが大切です。

試用期間中に会社を辞めることについてのメリットとデメリットを考えてみます。

試用期間中の雇用条件の再確認

試用期間は、企業側と従業員側の双方が、その会社や仕事に対する適性を見極めるための期間です。

雇用条件としては、若干、企業側が有利になるように設定されていることが多いです。

今一度、試用期間中の雇用条件を確認してみましょう。


会社の信頼性は

雇用条件は、大抵の場合、正式採用時に提示されますが、労働条件のほか、退職金の有無や各種保険の加入についてなども、再度確認しておきましょう。

万が一、提示された労働条件と明らかに現状が違うということであれば、一度会社に相談してみましょう。

条件が相違している理由に納得できないのであれば、その会社は、信頼性に欠ける会社といえるかもしれません。

中には、試用期間中は各種保険に加入しないという条件を付していることもあるようですが、この場合、雇用保険にも加入しないということであれば、法的にはグレーゾーンといえます。

会社内で相談しても埒が明かない場合は、求人を紹介してくれた機関に相談してみましょう。

例えば、ハローワークでの紹介案件であれば、ハローワークの窓口で相談すると、担当者から企業に確認してもらえたり、悪質な場合には、その企業の求人掲載を以後は掲載しないなどの処置が行われる場合もあります。

試用期間中に辞めるメリット

試用期間中に会社を辞めるメリットとして、以下の点を挙げることができます。

・合わない環境で無駄な時間を過ごさずに済む
・新卒であれば「第二新卒」枠が使える
・直面しているストレスから解放される

ただでさえ、新しい環境へ馴染むためのストレスがある中、現状に納得できないストレスが重なるのはかなり苦痛です。

余りにもストレスが強くて体調に支障をきたしそうであれば、直ぐにでも辞めた方が良いかもしれません。

仕事も大切ですが、それ以上に体は大切です。

体を壊してしまっては元も子もありません。

しばらくゆっくりして体調を整えてから、今度は慎重に転職先を探しましょう。

第二新卒

「第二新卒」の定義は、「学校を卒業して就職後、概ね3年以内に転職を希望する人」です。

第二新卒の場合は、基本的なビジネスマナー等は前職で習得しているとして、教育期間を省略できるとみなされるため、若い即戦力として期待されることが見込まれます。

ただし、試用期間中に辞めるなど、前職での在職期間が短い場合には、十分な教育を受けていないと判断されることもあるので、注意が必要です。

試用期間中に辞めるデメリット

試用期間中に会社を辞めるデメリットとして、以下の点を挙げることができます。

・数ヶ月の職務経歴を履歴書に記載しなければならない
・転職時にポジティブな退職理由を用意する必要がある
・「次も長く続かないのでは」と思われる可能性がある

試用期間中に辞める一番のデメリットは「次も長く続かないのでは」と思われる可能性が高いことです。

そのため、退職理由をしっかりと説明できるようにしておくことが、とても大切になります。

「労働条件が当初の話と違っていた」「企業が倒産した」「キャリアチェンジしようとしたが自分には合わなかった」など、理由がしっかりしていれば、採用面接時の面接官にも納得してもらいやすくなります。

逆に、退職理由が「何となく合わない」で留まっているうちは、まだ辞めない方が良いといえます。

短い在職期間で会社を退職する場合、次の就職のことを考えると、はっきりとした退職理由がない退職は、転職に当たって明らかに不利な条件となってしまいます。

まとめ

せっかく就職した会社を、試用期間という短い期間のうちに退職してしまうのは、もったいない話ではありますが、体調を壊すほどの仕事内容なら、話は別です。

まずは、実際の労働条件が、入社前に提示された労働条件と差異がないかを確認してみましょう。

もし違うと思われる点が見つかったら、会社の上司や求人を紹介してもらった機関などに相談してみるといいです。

試用期間中は、労使ともに、その仕事に合うかどうかを試すための期間です。

どうしても、その仕事を続けていくことが難しいと感じたら、「辞める」という選択肢もありです。

ただ、試用期間中に辞めるデメリットとして、次の仕事でも「長続きしないのでは」と、マイナスの評価をされる可能性が高いということがあります。

誰もが納得できる明確な退職理由を準備しておくことが、次の就職を考えた上で、何よりも大切です。

はっきりとした退職理由がない場合は、もうすこし現職で頑張ってみると、解決の糸口が見えてくるかもしれません。

まずは、思っていた条件と違う点を、上司に相談するなどしてみて、その会社が本当に信頼できる会社なのかを、今一度判断してみると良いでしょう。

せっかく縁があって入社できた会社です。

双方が納得のできる状態で、気持ちよく勤めていきたいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする