転職・求職

転職先が決まらないので焦りを感じる/内定がでない人の特徴と対処法

転職活動を始めるときは「転職先はすぐに見つかるだろう」と思っていても、実際に転職活動を始めてみると、中々内定が出ないという経験をした人は少なくありません。

特に、退職をしてから転職活動を行っている場合は、次の仕事が決まらないと、生活費のこともあり、焦る気持ちが強くなってしまいます。

内定が出るまでには予想以上に時間がかかる

「転職活動を開始してから採用内定が出るまでに、思っていた以上に時間がかかった」という人が、全体の8割以上もいたというデータがあります。

「転職活動あるある」といえそうです。

採用内定は、企業の求める条件と応募者の求める条件が、より多く重なった時に出るものなので、自分自身が企業から否定されたという訳ではありません。

焦らずに、もう少し事前準備を整えることで、企業から見た印象を変え、採用内定を出やすくすることができるようになります。


応募書類の再確認

求人に対する応募書類として「履歴書」「職務経歴書」の提出を求められることが多いですが、その内容を今一度見直してみましょう。

企業の採用担当者が読んで、一度目を通しただけでは、分かりづらい書き方になっているのかもしれません。

記載内容

履歴書や職務経歴書は、第三者に記載内容をチェックしてもらうことも有効です。

例えば、転職エージェントの添削サービスやハローワークの窓口、就職支援センターなどでは、無料で添削してくれます。

現在では、履歴書などはパソコンで作成することが多いですが、履歴書用のひな形なども提供してくれます。

写真

履歴書に貼付する写真も見直してみましょう。

履歴書専用に撮影した写真を使いますが、スーツを着用して、ビジネスにふさわしい髪型に整えるのが基本です。

男性は髭の処理、女性は適度な化粧を施しましょう。

実際に、履歴書にプライベートで撮影した集合写真を貼付していて、そのことが理由で書類選考に不合格になったという例もあります。

また、メール添付で書類を送付する可能性も考慮して、写真もデジタルデータで保存できる写真店で撮影すると、後々便利です。

PDF作成時に顔写真データを添付することで、そのままメール送付が可能になります。

面接時の表情・態度

書類選考が通って採用面接を受けることになったら、実際に会社を訪問します。

緊張しながらも、採用面接では自分をしっかりと売り込む必要がありますが、注意しなくてはならないことも多々あります。

第一に、訪問先で合う人に対しては、基本的に笑顔で接するように心がけましょう。

受付担当の人に始まり、人事担当者や現場責任者、場合によっては、社長直々に面接ということになるかもしれませんが、どんな場面でのどんな相手に対しても態度を変えることなく、基本的に明るい表情で接することが大切です。

相手によって態度を変えるのは、好ましいことではありません。

後で、対応した社員全員に「あの応募者はどうだった?」と聞き込みが行われることもあります。

その際「受付では少し横柄な態度だった」などと思われてしまっては、内定獲得は難しくなってしまいます。

面接中

面接での質問に対しては、まず最初に、その結論となる回答をはっきりと伝えましょう。

最初に補足的なことをあれこれ話してしまうと、ピントがぼけてしまって、相手に真意が伝わりにくくなってしまいます。

まずは聞かれたことに対しての答えを、ピンポイントで明確に回答することが大切です。

面接官は、応募者の性格や能力を、はなから否定しようとしているのではありません。

応募した職種に適応できるか、社風に溶け込めそうか、会社に貢献できる人材か、などの視点から見ています。

一般的な職種であれば、話の上手い下手は、評価に大きく影響することは少ないので、そんなに気にする必要はありません。

質問に対して、どれくらい判り易く回答できているかを重視しているので、慌てることなく、誠実に対応するように心がければ大丈夫です。

志望理由と希望条件を明確に

採用面接で、相手に判り易く自分をアピールするためには、自分の経験や希望条件を明確に説明することが重要です。

求人に応募したということは、その企業のどこかしらに魅力を感じたということなので、その魅力を感じた部分について、できるだけポジティブに伝えられるように工夫しましょう。

例えば、給与が高いことに魅力を感じたのであれば、ダイレクトに「給料が高いから」とは言いづらいですが、「自分のこれまでの経験から、御社にこれだけの給料を頂けるくらいの成果を出します」と、具体的な経験や数値を出して説明できれば好印象です。

また、どうしても受けられない条件は、面接の時点で出しておいた方が良いです。

例えば、「長期の転勤は不可」「年収の最低ライン」「重点的にしたい作業」など。

自分から率先して「無理無理」と言う必要はありませんが、企業への質問に絡めて、さりげなく盛り込めればいいでしょう。

まとめ

採用内定が中々出ないのは、自分の力が不足しているということだけが理由になっているわけではありません。

たまたま、応募した企業と縁がなかっただけなのかもしれません。

今後応募するであろう企業に向けて、より自分をアピールできるよう、今一度、前準備が十分にできているか再確認してみましょう。

また、安易に希望条件を妥協し過ぎないことも大切です。

焦る気持ちもあるかもしれませんが、労働条件に妥協して内定をもらっても、結局その会社と合わず、「こんなはずではなかった」と後悔してしまっては元も子もありません。

どうして転職するのか、その理由を再確認し、自分にピッタリの企業から内定を勝ち取れるよう、精一杯の努力をしてみましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする